まず転職を決意した時に考えるべき点は、いったい自分はどのような職業に向いているのかどうかを真摯に考えることが必要である。営業職か事務職か技術職というのもあります。ここでは営業職に重点を置いて記載させて頂きます。営業職であれば転職しようとする業界の事を前もって調べておく必要があるかとおもいます。その業界に少しでも興味がわかないのであればその業界への転職はまずお勧めしません。

 

 転職をした結果、最初の方は新鮮さが勝ち先輩や経験者の後に続いて仕事をこなしていく事かとは思います。しかし、あるていど理解する事においてまた転職前のもやもやとした状態に陥るのではないかという心配もあります。そういった後の後悔がないように先々の事も考えたシュミレーションを行い考える必要性もあります。

 

 海外での転職のよい例を挙げると、転職でスキルアップしていくという考え方が多くあります。事務職であればパソコンや簿記といった技術的なスキルがありそのスキルをより評価してくれる会社に転職していくといった形でもちろんそれにともなって収入も上がっていきます。営業職であればその業界にどれだけ自分が精通しているのかが問われます、またその業界の人脈も大切で経験を積めば積むほどその業界のキーパーソンに欠かせない人材へとなります。

 

 転職を考える時に、先ず自分のいままでのスキルや経験を生かせる事ができるのかというシュミレーションを何度もおこない業界が違ったとしても過去の経験が生かせると判断できれば転職でのスキルアップが期待できるはずです。大切なのは先々を見通したシュミレーションがどれだけ具体的に出来るかという事です。