転職をするまえに

 私達は転職をする時に何を目的にすればいいのでしょうか?最終的な目的はもちろん「転職する」ことなのは当然ですが、実はそれは、もっと大きな目的に向かう途中結果に過ぎない事を頭に入れておく必要があるのではないかと思います。目先の結果のみにこだわってしまうと、実際に転職して働き初めてから戸惑うこともしばしばです。なぜなら、本当の目的は転職した先にあるからです。

 

 では、どんな事を重視すれば良いでしょうか。

 

優先順位をつける

 結論からいえば転職したからと言って成功ではありません。転職先の条件や仕事内容が自分の希望や能力に沿ったものとは限らないからです。実際に働き始めてみないと分からない部分も沢山ありますが、まず、自分自身の優先すべき事をピックアップすることから始める事をおすすめします。自分にとって大事な事は人それぞれに違います。ワガママでも構いません。

 

 まずは自分自身に聞きましょう。そして、ピックアップした内容に順位をつけてみましょう。現実的なものから、ちょっとムリと思われるものまで全てに自分で順位をつけてみます。その過程で、「転職したときに本当に自分が重視して行きたい事柄」がはっきりしてきます。

 

転職先を自分に合わせる

 何もワガママになれというのではありません。自分の重視すべき事柄になるべく沿える内容と思われる転職先を探しましょう。最優先すべきはあくまで「自分の優先順位」であり、決して「転職先に入り込むこと」では無いことをお忘れなく。

 

 毎日の仕事を続けるには多少の我慢や苦労も必要ですが、もっとも大切なのは会社や仕事ではなく「自分自身」です。仕事や転職に対するウエイトを自分自身に置く事を心がけ、できるだけ無理のない転職を目指して行きたいものです。