在職中に転職活動をする場合は情報管理に注意を

 在職中に転職活動をするのは、肉体的にも精神的にも大変な重圧を受けます。かといって、退職してからの転職活動は経済的な負担も大きく、大きなリスクを伴います。仕事中でも合間を見て情報をチェックしようと、転職情報を在職中のメールアドレスで受け取ってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

 転職サイトなどに登録したメールアドレスが、登録ミスで社内の別の社員へメールが届いてしまうトラブルが発生するケースがあります。メールアドレスを間違うはずがないと思っても、ミスは必ず起きるものです。情報の取り扱いには、くれぐれも注意をしてください。

 

転職活動中であることを触れ回らない

 どんな理由で転職をするにしろ、他の社員は会社に残って業務を続けるのですから立場が違ってきます。転職活動中であることを触れ回り、会社への不満や人間関係の愚痴を口にするのは厳禁です。もうすぐこの会社ともお別れだ、と思うと寂しい気持ちがある一方、新しい世界が待っていると思うと気分が高揚するのはわかります。

 

 しかし、転職者の後任や引継ぎ、業務見直し、組織編成など、残された社員に影響が出てしまうこともあるのです。転職することをよく思っていない社員がいることもありますから、余計なことを触れ回ることは控えましょう。

 

転職活動中の孤独感から自分を守る

 特に在職中の転職は、社内の誰にも相談できない場合もありますし、何かと孤独になりがちです。すんなりと転職活動がうまくいけばよいのですが、そうもいかないことの方が多いでしょう。

 

 気持ちの上で折れてしまったり、疲れて転職活動を断念してしまわないように、転職活動をしている人のブログを読んでみたり、キャリア転職支援会社のコラムなどで気分転換をしましょう。頭を切り替えることで、転職活動にありがちな孤独感から抜け出せます。

 

 

関連情報
45歳からの転職を成功しよう!転職サイト情報もあります
45歳の転職を成功へ導くための情報ガイド

 

成功するためのフリーター就職ガイド
フリーターの就職はアピールする内容が重要!

 

http://xn--60-1b4axppb3713ai9a0j360tiyb.net/
60歳以上はどんな求人があるのか知りたい方はこちら!

 

http://xn--30-173azf8ez15wgtm29tsh7bte4a.net/
30歳からの転職で注意すべきこと知っていますか?

 

30代におすすめの転職術
30代の転職を成功させるための注意点